IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)

AspireS主装置

品名紙(電話機の底面に貼られたシール等)の表記:IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)

NEC IP1D-KSU-S1主装置 AspireS主装置

バージョンアップ後、動作確認済み・MBUユニット<中央制御ユニット>初実装・ESIU回路8ボート初実装・単独電話2ポート・システムで最大外線16ボート、内線50ボート対応・ESIU回路にはDterm85の他にDCR-60-1D(WH)、IPWW-DBMB、IP1D-1SLTAD2、IP1WW-2PGDAD、 CAD-F(8)-11ADPを接続可能・各種ユニットを収容できるスロットは8スロット。但し、内2スロットはは固定でIP1WW-ENTU-S1、IP1WW-DSPDB-A1、IP1WW-VMCF-B1を収容 (IP1D-ENTU-S1、IP1WW-DSPDB-A1,IP1WW-VMCF- B1は別途手配が必要)         ・会議通話トランク32ch・PBレシーバ、Caller-IDを16ch搭載”・初実装のSLIU2回路は極性反転有り、MWランプ機能無し・初実装のSLIU2回路はループ抵抗900Ω以下(電話機内部抵抗含む)・料金管理機能を行う場合、IP1D-PALA-VU1を別途手配・電源初実装・停電バックアップバッテリ初実装。バックアップ時間は10分・LANインタフェ-スは初実装していないため、必要な場合はIP1WW-ENTU-S1を別途手配■KDDI、NTTコミュニケーションズ、フュージョン・コミュニケーションズ、NTT東日本・西日本の各社が提供するIP電話サービスに対応。内蔵VoIPゲートウェイにより、直接収容することが可能。ケイ・オプティコムのIP電話サービスに関しては、外付VoIPゲートウェイにより直接収容が可能。

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の販売

現在、当社で販売中のIP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)は以下の商品です。

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の詳細

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の商品状態

主装置の動作確認は、内外線の接続にて実施しております。

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の仕様と機能

初実装と拡張枠は別途記載いたします。バージョン、版数での変更のあるケースがございます。

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の取付、取替工事について

主装置の設置、設定は知識をもった専任の工事担任者による工事が必要となります。

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の付属品(当店よりお届けする商品)

本体(電源ケーブル)のみ。その他の付属品はございません。システムや構成要素によって、内部に実装するインターフェース(ユニット、パッケージ、カードとも呼ぶ)をご用意いただく必要がございます。

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の後継機種・代替機種を選ぶ際の注意点

後継機種、代替機種の中には、仕様・外形・寸法などが変わっている場合があります。事前に製品情報を必ずご確認ください。

IP1D-KSU-S1主装置 (V7.10)の資料について

主装置に関する資料をご希望のお客様は保守業者様、メーカーのサポートへお問い合わせください。